MASA・DIARY

~自分に正直に~

仙台「おでんこうぞう」大人の隠れ家でおでんと福島の地酒でしっぽりと!

f:id:MonsterGoya:20200116145934p:plain

冬の寒さが身に染みるこの時期、冷えるカラダが欲しがるのは温かい食べもの

「あぁ、こんな寒い日はおでんでも食べながらしっぽり飲みたい」

そのおでんを求めて向かったのが

「おでん こうぞう」

人気で連日予約がいっぱい、なかなか予約が取れないが、この前初めて行けたのでご紹介したいと想います

f:id:MonsterGoya:20200116151302j:plain

土地勘のある仙台の友達ですら、どこにあるか迷ってしまうような場所にある隠れ家

この日は雨が降っていたため、いつもある白い暖簾がなかったのも探すのが大変だった原因かもしれない

暖簾がないときは、通路入り口にあるフェイラメント電球が目印になるので、行くときは是非、見つけてほしい

f:id:MonsterGoya:20200116152250j:plain

錆びた笠とフィラメント電球が昭和を感じさせてくれるレトロな雰囲気

笠には店名や営業時間、定休日、電話番号が書いてある

 

通路を進み、階段を上る

 

「こんなところに本当に店があるのだろうか?」

 

と不安になる

 

2階まであがると店の入り口があり、内心ホッとした

 

店は入ってすぐに靴置きがあり、店内へは靴を脱いで入っていきます

 

掘りごたつになったカウンターへ案内され、先にカウンターで飲んでるお客さんのうしろを慎重に通り、席に着いた

 

店内に広がるおでんの匂いと、暖かな雰囲気が、冬の冷たい雨で冷え切ったカラダを癒してくれる気がした

 

まず最初にビールを注文

店内は暖かくても、ビールはキンキンに冷えているのでやっぱり美味しい

 

さっそく、おでんを注文

f:id:MonsterGoya:20200116155807j:plain

どれも美味しそうだったので盛り合わせに、しいたけを追加した

友達いわく、ここのしいたけが絶品らしい

豆腐とだいこんの出汁の染み具合がなんとも言えない

大根、玉子、豆腐などの定番のほかに、がんもどき、もつといった日替わりメニューも

あるそうだ

「ウマい!!」

出汁が本当に美味しくて、何を食べても美味しかった!

 

f:id:MonsterGoya:20200116175115j:plain

おでん屋さんで作られたポテトサラダは出汁とコショウが効いて、どこか懐かしい味がした

 

f:id:MonsterGoya:20200116175507j:plain

だし巻き卵はアツアツでフワフワ、出汁に浸かっているので何もつけなくも十分美味しかった

 

f:id:MonsterGoya:20200116180124j:plain

店内には大将が福島県の出身らしく「福島のお酒」がたくさんあります

しかも、すべて580円という価格設定

自分の好みを伝えると、おすすめを選んでくれるので、何を飲んだらいいのか迷った時には聞いてみるのもいいですよ

 

おでん こうぞう

住所:宮城県仙台市青葉区一番町1丁目11-14ダイワビル2F

電話:022-263-7719

アクセス:仙台市営地下鉄東西線 青葉通一番町駅 徒歩7分

営業時間:18:00~翌2:00(ラストオーダー1:00)

定休日:日曜日・祝日・第3月曜

座席数:総席数 16席 貸切可能人数 15名

 

地図(Google map)

 

 まとめ

ここにお店があるの?と店内に入るまで心配になってしまう隠れ家

見つけた時には嬉しくなる

店内では美味しいおでんと福島のお酒を堪能でき、心地いい空間が心の底まで癒してくれる

まるでおでんのように染みている感覚で、満足感を味わえます

ごちそうさまでした

 

 

少しでもみなさんの参考になったり、共感してもらえたら幸いです

※2020年1月16日現在の情報となります

 

ランキングに参加しています、押してもらえると嬉しいです☆

※沢山のブロガーが登録しているランキングサイトです、怪しいサイトではないのでご安心ください

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村